みやころぐ

20代の投資・ライフハック・健康について書いています。

チョコをもらえないバレンタインデーと、年齢にあった適切な体験をする意味

今日はバレンタインデー。もう日本のバレンタインは独自の文化を作っていて、好意を持ってる人にチョコを渡して、好意を伝える日、として扱っていいと思う。

 

で、そのイベントの主役は「学校」に通っている人たち、さらに言うと小学生~高校生。大学生は主役ではないと思う。当然社会人とかも。

 

 

思春期の多感な子たちを男女まとめて同じ集団として過ごさせ、その中で当然好きな人ができたりできなかったりする。

バレンタインに女の子は、気になってる男の子にチョコを渡すかどうか死ぬほど迷うと思う。義理チョコは渡すのに大した重みはないけれど、自分で作った(本命とわかる)チョコを渡すという行為は、思春期真っ只中の学生にとっては考えられないほどの重みをもたらす。

渡せば当然行為はバレる。あいまいにしておけなくなってしまう。誰かに見られればみんなにもその思いは公開されてしまうだろう。

男の子の方もそわそわする。気になるあの子はチョコを誰かにあげるだろうか、あわよくば自分がもらえないか、なんてことを考える。

 

 

 体験できなかったとき

そして、こういういわゆる甘酸っぱい体験は高校生までに体験しておくものだと思っている。ここでいう体験するとは、別に当事者にならないといけないということじゃなくて、その空間、空気を中学生、高校生として実感する、ということ。

 

この学生っぽい体験を学生のうちにしておかないと、いつまでも体験できなかったことを引きずることになる。

いつまでも、成人しても、自分が経験できなかったバレンタインへ執着し、学生と同じように期待してしまう。手に入らないものをいつまでも追いかけるように。

この感情は自尊心を奪う。他人はみな経験しているはずのことを経験していない、これは後から取り戻せず、ずっと心の中で自分を傷つけ続ける。

 

だから、年齢相応の体験を相応の年齢で体験するのは大事だと思う。

体験することから、当事者になることから逃げ続けていると、精神は子供のまま、年だけをとった大きな子供ができてしまう。

と、ツイッターで大学生とかアラサーくらいの人が中学生みたいにチョコほしいチョコほしいといっているのを見て思った。

 

インターネットには、現実ではめったに見ないような人がたくさんいるように見え、なんだか現実もこんな人ばかりかもしれないと思ってしまうときがあるけど、実際に周りを見回すとそういう人をあまり見ない、ということはインターネット上で目に入るのは濃縮されたものなんだろう。ネット上での声の大きさとリアルでの目立ち方は相関関係にはない。