ししゃもろぐ

20代の投資・ライフハック・健康について書いています。

栗山監督の優秀さ

今期の栗山監督は球史に残る監督だったと思います。

大谷の野手専念、積極的な采配の末に日本一、増井の先発転向など、これだけ積極的に手を打ってほぼすべてが成功するなんて本当に歴史に残るレベルの采配でしたね。

ここまで器用と采配が成功するのは栗山監督の眼力が素晴らしいのか、それともただの運の上振れが来ているだけなのか。

正直僕はどちらもあると思っています。これほどに成功したシーズンを送れるのは眼力とともに運も影響していると思います。これほどうまくいくシーズンはもうこないのではないでしょうか。

 

目次

 

モチベーターとしての優秀さ

栗山監督が今までの監督に比べて独特な点は、モチベーターとしての能力が特に秀でているところです。今までの日本プロ野球の監督は、おもに作戦指揮の能力が重要視され、モチベーターとしての能力はあまり重要視されていなかったように思います。栗山監督は結果の出なかった外国人のレアードをかなり粘り強く使い続けましたね。結局レアードはその後活躍して日本シリーズMVPをとるまでになるのですが、あそこで我慢して使ったからこそ、レアードが義を感じて発奮してというのもあると思います。

他にも、西川を固定して使ってみたかと思えば、増井は不調とみるやすぐに二軍に落として配置転換をするなど、選手の特徴をしっかりとみているなという采配が多かったです。こういう細かい観察眼を持っていることがこれからの監督の条件となるのではないでしょうか。

 

采配について

モチベーターとして優れていると書きましたが、当然采配の腕もかなり優れていました。栗山監督の特徴は、早め早めに選手を信頼して手を打つというところです。全体的に仕掛けが早く、ほかの監督と比べてみていると、そんなに早く選手を変えて大丈夫かということを思うこともありました。しかしそこはちゃんと考えていて、例えば今シーズンの栗山監督の采配の特徴の一つにリリーフの起用が独特ということがありました。

 

リリーフ器用について

栗山監督はリリーフを二グループに分けるということをやっていました。これはメジャーリーグでは普通なのですが、日本ではかなり革新的です。どういうことかというと、Aグループは勝ちパターンで、僅差で勝利を狙うときに使う、Bグループはある程度差がついたり負けたりしていて、そこまでの能力よりも長いイニングを投げれることを重視して投手を集めているといった感じです。

こうすることによって勝ちパターンの選手の体力も温存でき、負け試合では先発が早いイニングで崩れたときに試合を立て直すことが出来ていました。

 

 

来年以降の栗山監督

来年以降は陽も抜けてまた若返ると思うので、モチベーターとして優秀な栗山監督はまた若手をうまく使うんじゃないでしょうか。

若手を使っていくチームカラーと栗山監督の特徴がうまく合っているので、長期政権を期待したいところです。