みやころぐ

20代の投資・ライフハック・健康について書いています。

マシンウエイトとフリーウエイトの違い

筋力トレーニングについて、一通りマシンウエイトと腹筋、背筋について書いたので次はフリーウエイトについて書こうかと思います。

 フリーウエイトの利点とマシンウエイトの利点

 

フリーウエイトとマシンを使ったウエイトとの最も大きな違いは、やはりマシンではある一定の筋肉しか使わない(使えない)のに対して、フリーウエイトでは細かい筋肉も総合的に使えて鍛えられる点にあると思っています。なぜその違いが現れるかというと、マシンウエイトはマシンの想定した軌道上でしか体は動けませんので、予想外の動きといううものはなく、単純なある1方向(生き返りがあるので2方向か)にしか動けません。しかし、フリーウエイトならば動かそうと思えばどんな方向にも動かせるので、きんにくは様々な動きができます。より実際の動きの中での話をするならば、微妙にバランスをとるために小さな筋肉が動いておもりを一定の場所に保とうとします。この微妙な働きというのはマシンウエイトでは得られないため、体全体を総合的に鍛えるのに効果的です。たいして増しぬエイトは狙った筋肉を集中的に鍛えられるのが利点であります。

 

もちろん、皆さんの使える環境には違いがあるので、どちらが絶対的にいいということはなく、最終的にはそんなに大きい違いはないので、使えるものを使った方がいいということになります。筋力トレーニングにおいて最も大事なものは継続性なので、どういったトレーニングならば継続して続けられるかということが最も重要です。たとえば家のすぐそばにこじんまりとしたジムがあるならば、そこが一番使いやすくて最高の環境となることでしょう。遠くても環境のいい事務といううのはそのうちいかなくなることが多いです。

 

結局何が重要なのか

もうこれはただ一点、継続するということだけが重要です。こと筋トレに関しては、1回全力でやったからと言って大きな変化が体に訪れるということはありません。継続して2か月3ヵ月と進んでいったあとでようやくちょっと変わってきたなとなるのです。これだけははっきりさせておきます。

 

次回からは栄養の面からも文章を書いていきたいと思います。

 

実は体つくりにおいて重要な要素というのはトレーニングだけではなくて栄養もかなり大きなウエイトを占めるので次回からはそういった点も紹介をしていこうと思ってます。