ししゃも太郎のまどろむししゃも

19卒のししゃも太郎です。就活・投資・ライフハックについて書いています。

台湾のラーメンこと牛肉麺(ニョーローメン)のおすすめなおいしいお店

今回は日本のラーメンに相当する食べ物である台湾の牛肉麺ことニョーローメンについて紹介したいと思います。

正直ほぼラーメンと言っていいでしょう。僕的には台湾で食べておいしかったと思った食べ物の中の一つです。

台湾の料理は何を食べてもおいしいんですけどね。

 

目次

 

牛肉麺って何?

 

はっきり言って見た目は日本のラーメンと変わりません。特徴とすれば、徳島ラーメンのようなスープに

ゴロゴロと大きな牛肉の塊が入っていること、そして少し辛いというところでしょうか。

でもこの牛肉こそがこの料理を台湾名物に押し上げているんです。

とにかく柔らかい!角煮なんて目じゃないほどの柔らかさです。正直食べ物の食感でこんなにも驚いてのは初めてでした。

台湾にきて食べてよかった料理ナンバーワンです。

 

おすすめの店

1 永康牛肉麺

 

他の記事では紹介する順番には特に意味はないのですが、この牛肉麺においては、この店こそが一番のおすすめです。

とにかく肉が柔らかい!ひたすらに柔らかい!こんなに柔らかいお肉を僕は食べたことがありません。

もう、この牛肉だけでトップに上り詰めると思いますが、唯一残念なのが麺なんですね。

正直麺については特筆すべき点はないというか正直言って普通です。このレベルの人気店なのに麺が普通っていうのはかなり残念なんですよねー、

でも牛肉のおいしさがすべてを帳消しにします。それくらいおいしいです。

f:id:sakanouenosisyamo:20161117105205j:plain

 

2 十三香

 

この店は最寄駅が科技大樓です。これは大学の近くなんですが、日本も台湾も大学の近くに麺屋さんができるのは同じですね。

ここの牛肉麺には種類があって、それぞれ辛さが違います。中国とのつながりのある国だからかもわかりませんが、ここで辛い方を選んでしまうと後悔します。

台湾は温暖な気候なので、夏に辛い物を食べたのと同じくらい汗をかきます。僕は体中から汗が吹き出しました。汗をかきやすい体質ってのもありますが。

 

3 桃源街牛肉麺

 

名前がいいですよね、この店は。お味の方はというと、この店の売りは麺です。牛肉麺の売りはごろっとしている牛肉だと思っていましたが、麺がおいしいです。

台湾の麺料理ってたいていはコシのない、日本人からしたら満足できないものなんですけど、ここの麺は違います。

あくまでラーメンとしての完成度を追い求めるならばここに行くといいんじゃないでしょうか。

ちなみに台湾には一風堂など日本から来たラーメン屋も展開しています。

 

牛肉麺も本当に台湾ではメジャーな料理でして、ほとんどすべての料理店で見ることができます。

そしてはずれがない。これは本当に台湾の料理のすごいところです。

台湾食べ歩きの旅、とってもおすすめです。