ししゃも太郎のまどろむししゃも

19卒のししゃも太郎です。就活・投資・ライフハックについて書いています。

1/24 日経新聞まとめ

日経新聞を読むようにすることにしました。そしてただ読むだけだとなんとなく受け身すぎるな、と思ったので、気になった記事をまとめてブログに書くことにしました。

 

 


・トランプのアメリカファースト主義について
自動車を国内で作れ、外で作った車には関税をかけるぞという考えらしいですが、やっぱり表層しか見ていないとしか思えないですよね。
アメリカで売る車をアメリカで作らないで海外で作ってわざわざ持ってくるのにはコストが安いとかそれなりの理由があるのに。
単に車の貿易で赤字が続いてるからドルが流出している、だから車に関税をかける。つまりあえてコスト的に不利を(アメリカも含めた)企業に強いるわけで。

一時的にはアメリカ湖屋内の雇用は増えるかもしれないけれど、アメリカの企業の利益は確実に減るわけで、最終的にはアメリカ国民の利益にはならないと思いますけどね。
まあ、目先の任期の4年くらいだったら一時的に雇用も増えて、貧困層の人気も上がっていいんじゃないですか。
貧困層は目先しか見ていられないので、アメリカ国内で自分たちの高い賃金を使うことによる企業への悪影響と自分達の雇用を天秤にかけて自分たちをとったということでしょう。

だいたい、アメリカほどの大国で自国のことしか考えないって発想がもうビジネスにしか通じないですよね。
トランプがいたビジネスの世界だったら金を稼ぐことが正義で、世界平和だとか環境問題とかは後回しでよかったんでしょうが、国家間の話になるとそれは通じない。


ビットコインの支払い可能店舗が日本で5倍の2万か所に
うーん、ビットコインですが、私は支払い可能にする必要はそこまでないと思います。
範囲が狭いかもしれませんが、ビットコインを投資として扱っている人もネット上でたまに見るくらいですし、実際に決済に使っている人というともはやブログ記事のネタにしようとする人くらいでしか使っている人を見ません。
それをするなら、SUICAとかのICカードの支払い可能店舗を国策として増やして、SUICAへのチャージをドルとか様々な通貨(もちろんビットコインも入れてもいいが)でできるようにした方がはるかに便利だと思いますけどね。
使ってるのって、マネーロンダリングをしたい中国人くらいだと思います。そしてそれも中国当局の監視が入ってしりすぼみに。
最終的に使うのは、知識人ぶったブロガーとか変わったことをしないと個性を残せないホリエモンみたいな人とかしかいないんじゃないですか。

導入している店舗にしても、ただの外国人を呼び込むポーズとして導入していて、実際の使用までは考えていない気がします。
これを導入しとけば外国人が来ますよ!って売り込むシステム会社のごり押しにも見える。

 
東京海上日動火災保険は4月から福岡県で、医療情報をインターネットで取引記録を共有し蓄積する「ブロックチェーン」技術を使って管理する実証実験を始める。


これはいいんじゃないですかね。
最終的には国でもいいですがどこかが一元管理して、だれでも使えるビックデータとして技術の進歩に使えるようになってほしいですね。


・ネット通販の攻勢が続く中、年末商戦も振るわず大手チェーンでも店舗網を維持できなくなっている
やはりネット通販は強いですね。もはや商品を確認するのはネット上の口コミだけになっていくのかもしれません。
この流れはどうしようもないと思います。だって店舗を置かなくてよく、人員を置く必要もないからどう考えてもネット通販の方が安くて便利ですからね。
うーん、やはり今後実店舗でやっていけるのはネットは難しくてよくわからないから実店舗に行く、という老人向けのお店か、毎日買いに行くような日用品と食品店くらいだと思いますね。
確実にもうかるのはネット、でもアマゾンという巨人がいるから参入も難しい。今から参入するのは厳しいと思います。
稼ぎが少なくてもネットで買うことができない一部の人のために実店舗で営業を続けるか。
世代が一回りして、ネットとともに育った世代だけになったらますますネット通販一強の時代が来ると思います。
日本の通販サイトは楽天がありますが、私は嫌いです。ゴテゴテのスパムサイトかと思うような商品ページ…積極的に利用したいとは思いませんね。
もっとスマートな国産の通販サイトができてくれると国のためにもなってうれしいですが。